2014年09月02日

建築知識で執筆

建築知識という専門書があります。主に建築家・設計事務所から独自のスキルを募り、毎回あるテーマに沿って詳細図や納まり図面を掲載しています。時には工事見積りに関することや、事務所の経営に関することなど。同業者しか見ないような内容のマニアックな雑誌です。
今回その建築知識9月号にて、過去設計した5物件の事例について執筆しました。内容はさておき、自分も独立したてにはとてもお世話になった雑誌なので、今回自分が逆の立場になってみると変な気持ちです。アイデアや技術を公開して同業他社と共有するのは全くもって構わないのですが、逆にそんなに特別な内容ではない気がして恐縮してしまうのです。さらに真似されて失敗したらどうしよう、とか要らぬ心配もしてしまいます。当時自分がよく読んでいた時も、執筆者は同じような気持ちだったのでしょうか。
と言って雑誌の営業妨害になるとマズイので、自分以外の執筆者の内容はとても参考になる、と付け加えておきます。

140902.jpg
posted by miz at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103089662
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック